値上がり益とは

株式投資では株を購入して、しばらく保有してから売却します。この時購入額が売却額よりも安いと利益が出ますし、売却額の方が安いと赤字ということになります。この時の購入額と売却額との差を考えた時、売却額の方が高くなる差額が値上がり益です。
投資をする場合にはこのような利益を得られるように株価変動を注視します。これは簡単なことではありません。初心者で始める場合には、特に難しいことです。なぜなら世界中の投資家が利益が上がることを目標としているからです。
株式投資で利益を上げるためには、売るタイミングが大切です。購入額よりも株価が高くなった時点で売ると利益が出ますが、売らないでしばらく待つことで更に株価が上がることもあります。もちろん株価が購入額よりも低くなってしまい、赤字となってしまうことも考えられます。
株価の値動きは時には非常に早いこともあります。企業で何か不祥事が起こった場合には、急激な株価の低下も考えられます。このため、常に株価の情報を入手して、売るタイミングを見逃さないようにするのが株式投資の鉄則です。
売るタイミングさえつかめれば、利益を簡単に得られます。大量の株券を購入してそれがすべて利益が出ると、短時間でかなりのお金を稼げます。これが株式投資の良い点です。

コメントを受け付けておりません。