株式分割とは

株式投資の良さを知るためには、株の特徴を把握することが必要となります。最近の株式市場の動きや、企業の株に対する体制について、情報を集めていくことが大切です。
ここ最近の傾向を見ていくと、株式分割を行う企業が増えていることが分かります。これはどういうことなのか、その意味について解説していきます。
意味としては、名称通り株式を細かく分割することを指します。発行済みである株式数を増やすことを目的としたものです。
具体的に例を挙げると、1株を10株に分割した場合、その株を持った人の株数は自動的に10倍となるということです。しかし、株数は倍増しますが、それに比例して資産価値も倍になるわけではありませんので、注意してください。1株の価値は半分となるので、資産価値は分割前後で変わらないという考え方になるのです。
分割する意味については、色々考えられます。株式を分割することにより、持ち株の株価が下がるのはデメリットに思いがちです。しかし、実は株取引が活性化することにより、利益を得られる可能性が高まるというメリットがあるのです。
株式の分割を複数回繰り返している銘柄は、成長株であることが多いという利点もあります。株価が下がるため、高業績を収めている銘柄でなければ何度も行えないものなのです。

コメントを受け付けておりません。