配当金とは

株式会社は株の購入者である株主からの出資によって、経営を続けることができます。このため、株式会社はいろいろな方法により株主を優遇します。株式優遇により更に株式を売り、経営のための資金を確保するのです。
株式会社では利益の一部を株主に還元します。この時に還元するお金を配当金と呼びます。利点は銀行でお金を預ける時よりも高い配当利率です。
銀行では長い間大金を預けたとしても、ほとんど利子がつきません。それはどのような規模の銀行でも同様です。しかし、配当利率は非常に高いです。
例えば、企業の株式を1株1万円で購入したとします。そして、株式会社から1株毎に1千円の配当が出たとします。この時には1万円が1万1千円となったことがわかります。
銀行に1万円を預けても1万1千円となるにはかなりの長い間預けないといけません。株式では短期間で高利率の配当を受け取れるのです。よりたくさんの株を購入することにより、配当によってもらえるお金も増大します。買えば買うほどお得になるのです。
銀行にお金を預けるとほとんど無くなる心配はありませんが、株の場合には価値が無くなってしまうこともあります。しかし、財産として蓄えるとき、株では配当により財産を増やすことができるのです。

コメントを受け付けておりません。